女優cmギャラランキング2021夏!取り分や乱高下の理由は?

cmgara CM

何かと世間の動向に左右されやすい広告業界ではありますが、女優さんたちの稼ぎの源であるCM出演料へも様々な影響を及ぼしています。

今回は、女優のCMギャラランキング2021夏!取り分や乱高下の理由は?と題してお送りします。

東京2020オリンピック大会は開催されるものの、無観客開催を受けてアメリカ株式市場が急落するなど、経済への影響も懸念されているといいます。

芸能界では好感度の指標とされる、CM出演本数について2021年夏のランキングと共に、女優の取り分や乱高下の理由について調査してみました。

 

女優cmギャラランキング2021夏!

2021年上半期にCMに起用された契約スポンサー数で初のCM女王となったのは15社の本田翼さんでした。

本田翼さんは若い層をターゲットにした企業からのCMのオファーが増えたのが今回の女王ゲットにつながりました。

本田翼さんは、ご自分がゲーム好きで徹夜でやっていることもあるなどのオタクキャラを公言し、親近感を与える一方で、さっぱりした性格で幅広い層から支持されています。

 

契約社数ランキング

CM契約社数ランキングの一覧表はこちらです。

順位 名前 CM本数 CM契約料推定(万円)
1位 本田翼 15社 2,500
2位 今田美桜 10社 2,500
2位 橋本環奈 10社 2,500
4位 長野芽郁 9社 2,500
4位 広瀬すず 9社 3,000
4位 広瀬アリス 9社 3,000
7位 綾瀬はるか 8社 5,000
7位 新垣結衣 8社 5,500
7位 川口春奈 8社 2,500
7位 杉咲花 8社 2,000
7位 吉岡里帆 8社 3,500
12位 有村架純 7社 3,000
12位 伊藤沙莉 7社 2,500
12位 小池栄子 7社 2,500
12位 長澤まさみ 7社 3,500
12位 深田恭子 7社 3,000
17位 田中みなみ 6社 3,000
18位 米倉京子 5社 6,000

データ:朝日芸能7.14

本数は少ないですが米倉涼子さんが契約料の単価では最高額の6,000万円でした。

さすがは視聴率の女王です。

 

契約金額ランキング

CM契約の総額でランキングするとこちらとなります。

順位 名前 CM契約料総額推定(億円) 寸評
1位 新垣結衣 4.4 電撃婚で好感度アップ、ドラマの引き合いも多く急騰
2位 綾瀬はるか 4.0 ユニクロCMでのタンクトップは高評価、五輪での露出度が今後の鍵
3位 本田翼 3.75 CM本数で初の1位、恋愛発覚がどう響くか
4位 米倉京子 3.0 ドクターX復帰決定も、事務所独立後は若干伸び悩み
5位 吉岡里帆 2.8 男性受けは良いが、女性にはいまいちの傾向は変わらず
6位 広瀬すず 2.7 2021春ドラマがいまいち不発で伸び悩み
6位 広瀬アリス 2.7 すずの姉からすっかり脱却、ドラマも好調で上昇株
8位 今田美桜 2.5 男女ともに受けが良く次世代の期待株、主演作のヒットがほしいところ
8位 橋本環奈 2.5 ハシカン人気健在、多少ぽっちゃりでも関係なし
10位 長澤まさみ 2.45 デビュー20周年でも高値安定
11位 長野芽郁 2.25 ドラマのダブル主演を務めるまでに、視聴率如何でさらにアップか?
12位 有村架純 2.1 視聴率に恵まれなかったが映画で持ち直し
12位 深田恭子 2.1 適応障害で休業中、復帰未定で今後は不透明
14位 川口春奈 2.0 大河女優が好材料だが。一段落で今後は?
15位 田中みなみ 1.8 ドラマ・映画出演が決まり、目下急上昇中
16位 伊藤沙莉 1.75 独特のハスキーボイスが玄人受けで注目株
16位 小池栄子 1.75 40歳でもまだまだやれる、好感度が味方
18位 杉咲花 1.6 おちょやん効果で知名度が全国区になり上昇

データ:朝日芸能7.14

 

取り分や乱高下の理由は?

2020年はタレントの独立問題が多い年でした。

独立を考える背景には、ギャラの取り分の問題が見え隠れすることはよく聞く話です。

通常は事務所と本人の取り分は折半が普通のようですが、事務所によってはもう少し事務所の取り分が多くなることがあるようです。

 

CMのギャラ乱高下の理由

CMは発注する企業にしてみれば、自社の商品が売れるかどうかの重要なミッションですね。

ですからCMは基本的に、世間の好感度の良いタレントに集中する傾向があります。

そこでタレントの取り合いになり、一時的に相場が上下する傾向はあるのではないでしょうか。

また、4期に渡ってドラマが放映されますが、ドラマが終わったらドラマに出ていた女優のCMが多くなる傾向にありますね。

頑張ってドラマを取り終えたら、CM出演のご褒美が待っているなんて、いいですね。

 

独立前のCMが放送される場合のギャラは?

その場合のギャラは事務所にも入ります。

もともと、タレントが独立する前に事務所がとってきた仕事ですからね。

取り分はやはり折半が普通のようですが、前の事務所が7~8割を取ることも多いようです。

 

独立後タレント不祥事の賠償は?

CMは発注する企業からすれば、企業の顔ともなるため出演者のイメージは何より重要です。

もしも、タレントが独立後にイメージダウンを伴う不祥事を起こした場合、独立前からのCMについて、前の事務所も違約金を負担するのでしょうか?

こういう場合は、本来はタレントが責任を負うべきなのでしょうけれども、前の事務所も契約をしている以上は何もしないわけにはいきません。

違約金の半分は最低でも補償の対象になるようです。

 

まとめ

女優のCMのランキングについて金額とCM本数の面から調べてみました。

またギャラと取り分からどれくらいの収入が入っているかが分かりましたね。

納得していただけたでしょうか?

比較的短い拘束時間で高い報酬が得られるCMはタレントさんたちにとっては、とてもおいしい仕事ですね。

でも、CMの仕事を得るためには認知度と好感度が良いバランスで構築できていなければなりません。

逆に、CMに出たばっかりに本業の評価を下げたり、オファーが見送られたりすることもあるようです。

大変ですネ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました