アリカシュミットの身長や体重は?画像や記録も併せて紹介!

schnidtEC アスリート
Pocket

アリカ・シュミットさんは東京2020オリンピックに出場する美女アスリートの一人として注目されています。

アリカ・シュミットさんの身長や体重はもちろん、画像や記録も併せて紹介していきます。

彼女は2017年にオーストラリアのスポーツ雑誌「Busted Coverage」によって、いま世界で最もセクシーなアスリートと紹介されました。

この一報を聞いた当時のアリカ・シュミットさんは”競技が第一優先”と、戸惑いのコメントをしていたようです。

しかし、その美貌を生かしてモデルとしても活躍しているというのですからね・・・

今回は、アリカ・シュミットさんの身長体重、画像や記録も併せて紹介します。

アリカシュミットの身長や体重は?

いやまさにこの表情、雰囲気はハリウッド女優以上ですね!!

身長体重は以下の通りです。

  • 身長:176cm
  • 体重:121lb(55Kg弱)
  • 1998年11月8日生まれ(22歳)

MAP:現住所インゴルシュタット

ドイツのヴォルムスという町で生まれ、現在家族はバイエルン州インゴルシュタットに住んでいます。

陸上競技の記録は14歳のころから残っていますが、2017年のヨーロッパジュニア陸上競技選手権大会の4 x 400メートルリレーで銀メダルを獲得したことから知られるようになりました。

アリカシュミットは痩せすぎ?

176cmの身長に対して55kgの体重は、アスリートとして筋肉量の不足などはないのでしょうか?

チェックしてみます。

陸上競技は柔道のダリア・ビロディドさんのように減量がないのでまだましですが、自身のパフォーマンスを最大引き出す体重というものはあるはずです。

標準体重の指標であるBMI指数で確認してみましょう。

計算式はこちら。

  • BMI=体重kg÷(身長m)2
  • 適正体重=(身長)2 x 22

アリカ・シュミットさんの身長176cm、体重55KgのBMIは17.76であり、17以上~20未満なのでアリカ・シュミットさんは痩せ気味の判定となります。

BMI指数 肥満度の判定
17未満 痩せすぎ
17以上~20未満 痩せ気味
20以上~24未満 普通
24以上~30未満 肥満[1]
30以上~35未満 肥満[2]

BMIで標準体重の範囲は62Kg~74Kgの範囲となりますが、今のモデル体型のプロポーションを考えれば、このままでよろしいかと。

アミカ・シュミット画像を紹介!

画像を多めに入れてみました。

ワンダフル!ファンタスティック!ビューティフル!アメイジング!

もっとと仰る方はこちらのインスタをどうぞ!

アリカ・シュミット顔画像

競技中の緊張感のある顔と、リラックスした表情の対比がまた最高です。

願わくば、競技場内でレースが終わった後に髪をほどいた姿が見られたらと願うばかりです。

アミカ・シュミット筋肉画像

muscle

リラックスした時のアミカ・シュミットさんの腹筋は縦に割れたきれいな腹筋です。

人間の筋肉の中で最も大きいと言われる太もも前面の大腿四頭筋は程よく、プロポーションの妨げにならない程度に発達しているのが分かります。

パーフェクトボディーです。

アミカ・シュミット陸上の記録を紹介!

アリカ・シュミット選手の出場種目の自己ベストと、同じ種目の世界記録を以下に示します。

種目 アミカの記録 世界記録 世界記録保持者
100m 12″03 10″49 フローレンス・ジョイナー(米)
200m 24″17 21″34 フローレンス・ジョイナー(米)
400m 52″21 47″60 マリタ・コッホ(東独)
400mハードル 51″90 シドニー・マクラフリン米)
800m 1″53″28 ヤルミラ・クラトフビロバ(チェコスロバキア)

2018年以降は400mハードルにも出場するようになったという情報が有りますが、記録は情報として残っていませんでした。

アリカ・シュミット出場種目は

東京オリンピックでのアリカ・シュミット選手の出場種目は4×400mリレーです。

競技の日程は以下の通りです。

月日 日本時間 性別 種目 ラウンド
7月30日(金) 20:00 混合 4x400mリレー 予選
7月31日(土) 21:35 混合 4x400mリレー 決勝
8月5日(木) 19:25 女子 4x400mリレー 予選
8月7日(土) 21:30 女子 4x400mリレー 決勝

決勝まで残ってその姿を長く見せて欲しいです。

ドイツチームのメダル可能性は

4x400mリレーはもちろん個人種目ではありませんから、4人の総合力で戦うことは周知のとおりですが、前回のリオ・オリンピックでは決勝進出はなりませんでした。

ドイツチームのメダルの可能性を検証してみましょう。

2016年リオ・オリンピックの女子4x400mリレーの各国の順位とタイムは以下となります。

1位 米国 3:19.06
2位 ジャマイカ 3:20.34
3位 英国 3:25.88
4位 カナダ 3:26.43
5位 ウクライナ 3:26.64
6位 イタリア 3:27.05
7位 ポーランド 3:27.28
8位 オーストラリア 3:27.45
予選5位敗退 ドイツ 3:26.02(予選タイム)

ドイツチームは予選5位で敗退しましたが、決勝のタイムと比べると4位に入る成績です。

リレーは4人の選手の総合力の勝負なので、レースごとの好不調の差が大きく表れ、更に予選の組み合わせによっても条件は変わってきます。

メダルの可能性はあるということになります。

リオ・オリンピックでドイツが獲得したメダルは金:2、銅:1の合計3個でした。

メダルの内訳は金:円盤投げ・やり投げ、銅:円盤投げということで、投てき種目のみです。

今回はトラック種目でメダルが一個追加されるかもしれませんね!

まとめ

東京2020オリンピックに出場するドイツの陸上選手、アリカ・シュミットさんについて書いてまいりました。

アリカさんの身長や体重について、また画像や記録も併せて紹介しましたが、いかがでしたか。

今大会一番の美人といわれるアリカ・シュミットさんですが、出場機会が少なくちょっと残念です。

がんばって、決勝に残ってもらってできるだけ多く見ていられると嬉しく思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《おススメ関連記事》

東京五輪アスリート美人ランキング

柔道48キロ級ダリア・ビロディド

もううんざり東京五輪

阿部一二三・詩

陸上5000,10000新谷仁美

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 4×400リレーアリカ・シュミット […]

タイトルとURLをコピーしました