福原愛インスタが痛い理由!離婚は旦那の嫉妬・モラハラや家族のせい?

aichan-EC2 福原愛

愛ちゃんのインスタは今見ると少し痛く感じます。

あの表情の裏で、一人で泣いた時もあったのでしょうか?

福原愛さんの今回の帰国は日本でのビジネスの立ち上げと別居(離婚?)の準備をすることも一つの目的なのだとか?

別居の原因は旦那の嫉妬や家族のモラハラではないかという噂がありますが、事実なのでしょうか?

2月18日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演した際、福原愛さんは夫の江さんが多忙で週末にしか家に帰らない状態であることを話しました。

そして、子供の幼稚園入園を機に拠点を日本に移すことは決めているようです。

それらのことから、別居・離婚のキーワードが出始め、その他夫のモラハラや家族の人間的な問題が浮上しています。

福原愛さんの別居の理由は何なのか?

夫の嫉妬や家族のモラハラがあったのか?

今わかることを全て報告します。

 

福原愛インスタが痛い理由!

 

この投稿をInstagramで見る

 

aifukuhara(@aifukuhara9113)がシェアした投稿

 

福原愛さんのインスタグラムには現在218件の投稿があり、投稿された写真は比較的新しく、古いものでも2019年2月となっています。

その投稿の中に夫の『江宏傑氏(ジャン・ホンジェまたはコウ・コウケツ)以下江宏傑氏とする』との写真が意外なほど少ない印象を受けます。

それほどバンバン投稿するタイプではないにしても、若干の違和感を感じます。

インスタを始めたのが2019年2月ですから、当初から江宏傑氏の写真は入れていなかったことになります。

このころは、第一子の女の子は1歳4か月で現役を引退(2018年10月)した次の年。

その年の12月に第2子の妊娠を発表しています。

インスタを始めるタイミングとしては理解できますが、もしかしたらそのころから一人で悩んでいたのかな?と思うとちょっと心が痛くなります。

福原愛さんは今回、二人のお子さんと実の母親を台湾に残して、日本に帰国しています。

別居の要因として考えられるのは、ポジティブな要因として、福原愛さんの日本での事業を進めるため。

そして、ネガティブな要因としては台湾の夫側の家族による福原さんへの様々なハラスメントの問題があるのかもしれません。

ポジティブな要因とネガティブな原因の両面で考えていきます。

 

離婚は旦那の嫉妬・モラハラや家族のせい?

週刊文春からは夫・江宏傑(ジャン・ホンジェまたはコウ・コウケツ)の嫉妬からくるモラハラや家族による仕打ちが原因で離婚協議に入ったのでは?と伝えられています。

江宏傑からは、妊娠中つわりがひどいときにも心無い言葉を投げかけられていたが、愛ちゃんは子供のために全てを受け止め、耐えていたこと。

また、江宏傑の嫉妬深さのエピソードも紹介されています。

江宏傑といえば、3年前の日本のTリーグスタート時には「琉球アスティーダ」に席を置いていたが、現在は戦力外。

自分の実力がないことで、愛ちゃんにも引け目を感じ、それが攻撃的なモラハラに変化してしまったのかも、と感じてしまいます。

それに、台湾メディアの中時電子報からは江宏傑の姉がモンスターだということは1年以上前に明らかにされていたことが伝えられています。

義姉の江恆亘(ジャン・リガ)さんは夫婦の私生活を勝手にSNSに投稿したり、単なる嫉妬で「あなたのせいで家の雰囲気が悪くなる」などと福原愛さんを罵倒したりすることもあったとか。

それらのことが原因で福原さんはストレスで体調を崩すこともあったようです。

また義母からは「あなたは金を生む金の鶏よ」というようなことを言われたこともあり、愛ちゃんは孤独感を募らせることも。

いくら習慣の違いとはいえ、それが誉め言葉であったとしても日本人を嫁に迎えたという自覚が足りないと言わざるを得ません。

このようなことが重なり、別居・離婚へと気持ちが移ってしまった可能性は高いと言われています。

ところが、江宏傑さんはインタビューで以下のように答えているそうです。

「妻は東京五輪の関係のことで日本に戻っているだけ。子供はママに会いたがっていて、毎日、ビデオ通話をしていいます。妻は3月には台湾に戻ってきます」

離婚の最後の話をするために戻るのかも?

子供と母親を日本へ連れて帰ることもありますしね。

江宏傑さんとしては、今愛ちゃんに捨てられると相当痛いはずですが、意外と「またやり直せる」と軽く考えているのでしょうか?

愛ちゃんの意志はすでに固まっているように感じますね。

 

日本での会社設立と離婚の関係

 

「徹子の部屋」での発言にあるように、目的の一つは子供の進学に合わせて生活拠点を日本に移すことです。

子供のために日本で教育を受けさせたいという母心ですね。

また、目的の中には今年2月10日に発表した新会社のことも含まれるでしょう。

福原愛さんは自身が代表取締役となる「株式会社omusubi」を設立されました。

今回の別居・離婚の動きも、日本で会社を立ち上げるということも併せて、強い意志があってのことと思われます。

会社設立のメッセージには以下のような言葉があります。

子供たちが夢へと向かう環境づくりのお手伝いやアスリートの後輩たちに未来への道筋を作りたい、世の中の役に立つ活動をしたい。

ご年配の方々やハンディキャップを抱える方々にも
年齢や体の不自由さに関係なく、楽しんでほしい、幸せを感じてほしい。

皆様の心に寄り添えるようなボーダレスな活動をしていきたい。

メッセージ全体の内容を読むと、福原愛さんの日本での活動をマネージメントする会社のようですね。

会社設立となると、スポンサーの存在が気になってきますが、それはまた別記事で。

福原さんはいつごろからそう考えたのかは分かりませんが、ずっと台湾で生活するつもりはなかったように見受けられます。

娘も私が卓球を始めた3歳になったこともあり、自分の未来、そして次世代の子供たちの未来を考える時間が多くなりました。

と語っています。

また、母一人子一人のお母さんの腰が悪く、車いすの生活をしていてお母さんの生活の為ということもその要因と考えられます。

今は台湾で一緒に暮らしていますが、異国での生活は習慣も違い辛いことも多く、一緒に日本で生活したいと考えるのは仕方のないことですよね。

別居の理由としてポジティブな面としてはこのような背景があるのではないでしょうか。

 

夫や家族のモラハラと離婚の関係

 

ネガティブな要因としては、台湾の家族の問題が考えられえます。

伝えられているような、江宏傑氏からの「売女発言」や「モラハラ発言」が本当にあったのなら言語道断ですが・・・

台湾では家族を第一優先で重視する傾向があり、日本人女性が台湾人と結婚した場合に、夫の家族との関係に悩む事例が多いと言います。

基本は同居なのですが、免れたとしても毎週食事を共にすることが求められる家庭もあるのだとか。

愛ちゃんは結婚後、仲の良い理想的な夫婦のように振舞ってはいましたが、国際結婚による価値観の違いに苦しんでいたのかもしれませんね。

 

離婚届はすでに渡してある

離婚届は1月にすでに江宏傑さんには渡してあるそうです。

江宏傑氏としては、離婚の決断をすぐには受け入れることはできないとは思いますが、愛ちゃんの決意は固そうです。

当初から格差婚と言われていたこともあり、そのことも嫌がらせを生んだ遠因になっているのかもしれません。

現在江宏傑氏は燃え上がった家族へのバッシングの火消しに必死のようです。

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nobuko🇯🇵(@whitney_1120)がシェアした投稿

 

インスタグラムは昨年9月に投稿されています。

この時にはすでに色々考えていたのかな?

福原愛別居の理由は何なのか?離婚を決意したのは旦那の嫉妬やモラハラや義姉の嫌がらせのせいなのかについて現状の情報を基にお伝えしました。

残念なことに、現在福原愛さんの不倫疑惑が報道されています。

しかしこの不倫報道にはいくつか不可解なことがあります。

福原愛さんは自身で週刊誌の記者に追われていることを自覚していましたし、しかも夫に離婚を切り出した直後に男性とお泊りデートはあまりに危険すぎます。

離婚の話し合いが不利になるし、世間からバッシングを受ける可能性だってあります。

幸いにも、今のところは愛ちゃん擁護派が多いように聞きますが・・・

今まであれほどの嫌がらせを受けながら良い夫婦を演じてきたのに、これほどの180度転換はなぜ?

それだけの危険を冒す何があるのか?

もしかしたらどんでん返しのストーリーがあるのかもしれませんが・・・

分かり次第追記してお知らせします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました