小室佳代長期入院フェイクだった?入院先や理由を紹介

KK-EC3 小室圭
Pocket

小室佳代さんの元婚約者がコメント内で佳代さんが長期入院をしていることを明らかにしました。

そして、佳代さんが入院しているのが宮内庁病院ではないかという情報(噂)があり、最近話題になっています。

そして、病名も気になりますが、宮内庁病院のことも気になります。

元婚約者の方との金銭問題で、大変なことになっていて体調を崩すのも分かるし、雲隠れしたい気持ちも分かりますけどね。

ですが、隠れていては問題は解決しないのではないでしょうか?

本来、金銭問題の当事者は小室佳代さんじゃなかったのかな?

こじれにこじれて、周知のとおり収拾のつかない状態になってしまいました。

小室佳代さんが宮内庁病院に入院しているというのは本当なのか?

病名は?

宮内庁病院にはどうしたら入院できるのかという件について調べていきます。

 

小室佳代長期入院ってほんと?

小室佳代さんが宮内庁病院に入院しているという噂がありますが、どうも正式な発表ではなさそうです。

話の発端は小室さんの母の元婚約者の方が初のコメントを発表されたことでした。

その中で「可能な限り早く佳代さんにお話を伺い、最終的な判断をしたいのですが、現在佳代さんは体調が悪く長期間の入院中と伺っております」ということを明らかにしました。

このことで小室佳代さんが入院していることが公になりました。

ただ、入院先については公表されませんでした。

ところが、どこが出元かは分かりませんが、入院先が「宮内庁病院」ではないかという噂で盛り上がっていました。

元婚約者は佳代さんの入院の件をご自分で確認したわけではなく、間接的に聞かれていたようです。

その盛り上がりの中心は個人の情報サイトで、正式なものではありません。

当サイトとしては、正式な発表を待ちたいと思います。

 

長期入院は嘘だった?

当サイトでは入院については正式な発表を待つスタンスとしておりました。

5月7日、ここにきて女性セブンが公表した記事によると、「長期入院は嘘」という事でした。

何が何やらさっぱり分かりません。

女性セブンが小室家のご近所を取材して得た情報とのこと。

更に佳代さんが元気で洋菓子店のパートにも働きに出ていて、スーパーでの買い物も普通にやっている場面の裏取りもしているとのことです。

元々、この話は元婚約者のコメントから発覚したものでしたが、元婚約者の方がわざわざ嘘を言う必要もないと考えれば、元婚約者に伝わった時点で嘘だったということになります。

だれが何のためにこんなすぐばれるような嘘をついたのか?

元婚約者は、小室文書にも書かれているように、一貫して当事者である小室佳代さんとの直接の話し合いを望んでおり、それを疎ましく思っての嘘だったのでしょうか?

本来なら、誰よりも早い解決を望んでいるはずの佳代さんが、なぜこんな稚拙な嘘をついて逃げ回るのか?

これはほとんどの人が感じる違和感ですが、なぜこのようなことになるのか?

女性セブンでは、小室家がこのトラブル解決を眞子さまに丸投げしているからではないかと推測しています。

だとしたら、この問題の結末は極めてよくない方向に向かっていきそうで心配です。

 

小室佳代入院先や理由を紹介!

hospital1

宮内庁病院は宮内庁によって管理・運営されている国立の病院で、医療設備は最新鋭のものが供えられています。

皇居敷地内にあるということもあり、一般医療機関のように使うことはできません。

基本的には皇族の健康管理の為にあるのですが、宮内庁・皇居の職員とその家族、または職員の紹介を受けた者のみが受診可能となっています。

宮内庁病院ってどんな病院?

宮内庁病院は皇居敷地内にあって、基本的に皇室関係者のための病院です。

宮内庁病院にある診療科と医師数は以下の通りです。

内科 総合内科1名・循環器専門医1名・消化器病専門医1名・超音波専門医1名

消化器内視鏡専門医1名・漢方専門医1名

外科 外科専門医2名・消化器外科専門医1名
皮膚泌尿器科 大腸肛門病専門医1名・生殖医療専門医1名
産婦人科 産婦人科専門医1名
眼科 眼科専門医1名
耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科専門医1名
放射線科
歯科 歯科放射線専門医1名

14名の医師が常駐しています。

 

小室佳代さんの病名は?

長期入院ということで元婚約者の方も仰っているように心配ですね。

眞子さまと小室圭さんの婚約内定の後に元婚約者との金銭問題が発覚して以来、気の休まる日はないでしょう。

これだけ週刊誌ネタにされ、国民の90%以上から反対され、それでも眞子内親王と息子の結婚をあきらめない精神力には本当に脱帽です。

しかし、そんな小室佳代さんもやはり人の子。

精神的にはさぞやつらい状況になっておられることでしょう。

察するに佳代さんの体調不良の原因は精神的なものとみるしかないのではないでしょうか?

しかし上記の宮内庁病院の診療科には心療内科はありませんね。

命にかかわる病気であれば、小室圭さんも帰国するでしょうから、それも考えられません。

あまり考えたくはありませんが、もしかしたら政治家が不祥事のほとぼりを覚ますときにやる雲隠れの類なのでしょうか、どうなんでしょう?

 

宮内庁病院の入院方法は?

前述のように、宮内庁病院は基本的には皇族の健康管理の為の施設で、一般の診療は行わないのが建前です。

しかし、宮内庁・皇居の職員とその家族、または職員の紹介を受けた人であれば受診可能となっています。

紹介を受けて診察し、入院が必要であれば入院させていただくことも出来るようです。

玄関は皇室用と一般用に分かれていて、病室は2階にあり皇室専用の病室「御料病室」が2つあり、広さは26平方メートルです。

畳でイメージすると16畳の広さですね。

2階にある産婦人科と外科の診察室と御料病室以外のスペースが一般患者用の病室となっています。

ということで、紹介していただける知人や友人或いは親戚などをお持ちの方は、宮内庁病院で診察を受け、場合によっては入院もできるということになります。

 

宮内庁病院なら眞子さまの紹介?

小室佳代さんが宮内庁病院に入院しているという確実な情報はありませんが、もしそうだとするならば、皇室関係者の紹介が必要です。

あくまでも、もしそうなら眞子さまが入院できるように計らった可能性も出てきますね。

4月22日発売の「女性セブン」の記事によれば、”眞子さまは佳代さんに対して憧れにも似た感情を抱かれているように感じます”とあります。

眞子さまが、ご自身が圭さんと婚約内定したために佳代さんに苦労を掛けていると感じて、佳代さんを支えたいと思っているとしたらあってもおかしくない話ではないでしょうか?

 

まとめ

小室家を擁護する声は何一つない。

そんな中で小室佳代さんが長期入院をしているという。

それが宮内庁病院ではないかという噂がある。

小室佳代さんには遺族年金搾取疑惑・反社との関り疑惑・保険金問題と悪い噂ばかりが目立ち、挙句の果てにはSNS上で犯罪者まがいの扱いを受ける始末です。

これにはさすがに匿名ネット情報社会の闇を感じますが、皇室を巻き込んでここまでの事態になった以上、時が経てば世間は忘れてくれるというレベルの話ではありません。

様々な疑惑に対して、しっかりと説明して真実を明らかにすることが唯一の解決策であると思いますがいかがでしょうか?

それによる結果がどうであれそうするべきではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 関連記事1:小室母の入院について […]

タイトルとURLをコピーしました