ミステリと言う勿れ続編はいつ?2期や映画化についても徹底調査!

ミステリと言う勿れec ミステリと言う勿れ
この記事は約8分で読めます。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」は3月28日に第12回の放送をもって終了となりましたが、「これで終わり?おかしいでしょ!」という声が続出です。

伏線回収どころか、新たな伏線がダダ漏れ噴出の状態で最終回を終了してしまったからです。

問題は改めて重要なキーパーソンとして浮かび上がってきた「鳴子巽先生(カウンセラー)」という人物が何者なのか?

①鳴子巽先生(カウンセラー)なる人物が誘導して十斗に事件を起こさせた?

②カウンセラーは愛珠を自殺に導いたのか?

③そして、羽喰十斗(演:北村匠海)の父親・羽喰玄斗(演:千原ジュニア)の死の真相は?

④新幹線での出来事の続きは?あれで終わり?

これだけの疑問を残して最終回なので、はい!終わりはおかしいでしょ?

ということで、これは絶対続編(2期)あるいは映画化があるはずだということで調べてみました。

 

ミステリと言う勿れ続編(2期)はいつ?


「ミステリと言う勿れ」ドラマの全12話は終了しましたが、終了するやいなや「ミステリと言う勿れ」続編(2期)はいつあるのか?

という戸惑いの声がSNS 上で噴出していますね。

ミステリと言う勿れ続編(2期)はいつ?というタイトルではありますが、現時点では残念ながら、続編についての発表はありません。

正式な発表を待ちましょう。

「ミステリと言う勿れ」は2022年1月期のドラマの中でも平均世帯視聴率12%で、老若男女が楽しめる「月9」としては高評価な作品となりました。

終わり方がいかにも思わせぶりで続編を期待させる終わり方でしたので、フジテレビとしても何らかの思惑があるに違いないといわれています。

情報が出次第、追記してまいります。

 

続編があると思われる理由

最終話の終わり方がいかにも不可解です。

第12話の最後のシーンはバスジャックの一件の後、整が検査入院から退院して散歩中に牙狼と出会うシーンでしたよね。

セリフはこんな感じでした。

ガロ
ガロ

このはがきをきっかけに、俺は思いがけない事実を知ることになる。

そして彼(整)と再び会うことになる。

でもそれは、彼の長い長いおしゃべりの後、まだ少し先の話だ。

第3話のこの思わせぶりなシーン に戻ってきたわけです。

そして、ガロは羽喰十斗がカウンセラーからもらったというラピスラズリの指輪。

それと木細工の箱から出てきた、犬堂愛珠がカウンセラーからもらったという指輪。

これらの証拠の品である指輪を整に渡しました。

ガロ
ガロ

指輪、届いた?

整君、君の協力が必要なんだ!

一緒に行こう!

整

・・・どこへ?

これは誰がどう見ても、続編への色気がムンムンじゃないですか?

これらのセリフはここからまだ物語が続く、新しい物語がこれから始まるよー!のニュアンスに違いありません。

さすがに、これで終わりはないでしょ!

これはどういう形であれ、必ず続編がありますね。

主演の菅田将暉さんも

「撮影を終えとにかくほっとしていますとした上で、でも楽しみにしています。個人的には続編希望してるんで」

と語っています。

 

映画化についても徹底調査!

続編はドラマの伏線の回収をしてほしいということになりますが、映画化も気になりますよね!

フジテレビの小川晋一専務は「ミステリと言う勿れ」について次のように述べています。

「続編や映画化の可能性については非常にドリーム感を持って受け止めている」

「多岐にわたるスタッフ、制作陣で構成されているので、皆の理解をいただきながら、そういう方向(続編や映画化の制作)に持っていけたら」

引用:産経新聞

このように、続編や映画版の制作に期待を持たせています。

期待して待ちたいと思います。

 

映画化があると思われる理由

原作の「ミステリと言う勿れ② episode4. 思惑通りと予定外」で、印象派展を見るため広島まで出かけていた整が出くわす遺産相続問題が映画化にぴったりなのです。

このエピソードは狩集家(かりあつまり け)の相続人の一人である、狩集汐路(かりあつまり しおじ)と整が出会うところから始まります。

そして、狩集汐路とともに遺産相続の親族会議に参加して、いろいろな難題を解決していくというお話です。

このエピソードは、ドラマでやるとしたらどのように描かれるのか?

楽しみにしていた部分なのですが、ドラマでは描かれませんでした。

これは敢えてドラマの枠に入れずに、映画化のためにとっておくという思惑があったのではないかと、筆者はみています。

 

映画化されるとしたらいつ?

「ミステリと言う勿れ」が映画化されるとしたら、割と近い時期ではないかと思います。

ドラマで盛り上がりを見せているので、この期待感が消えてしまわない時期に是非やっていただきたいと思います。

できないとすると、理由は・・・

今回のドラマの撮影は2020年12月クランクイン、2021年6月クランクアップという日程で行われたらしいですね。

筆者は菅田将暉さんが出演しているNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の撮影と被らないようにしたのでは?と思っています。

2020年1月~2021年2月放送の「麒麟がくる」の実績では、2019年6月3日に始まって、2020年12月27日に終わっていますので、ぴったり合致します。

もしそうだとしたら、「鎌倉殿の13人」の撮影が終わるのが今年の12月として、映画化の撮影が始まるのは、そのころということになります。

封切りは早くて来年のゴールデンウィークのころではないでしょうか??

続編が先か映画化が先か?

想像ですよー!

 

原作とドラマの相違点は?

今回の「ミステリと言う勿れ」の撮影でも、シーンによっては”自由に喋ってと”いう場面もあったようです。

いつもならペラペラ適当な言葉が出てくるのに、整という役柄でいるとなかなかアドリブが出てこなかったとのこと。

原作のセリフに忠実に演じていたことがよくわかります。

ただ最終回「手紙に隠された秘密・・・暴かれる妹の死の真相、真実は一つじゃない」で、原作とドラマの違いを発見しました。

原作では「京都には来るな」だったのがドラマでは「名古屋には来るな」になっていました。

だから、手紙に書いてあったイラストの絵も原作とは違っていましたね。

この時、原作では整は印象派展のため、広島に向かっている途中ですが、ドラマではその点ははっきり描いていません。

中には、整は東京へ帰る新幹線の中で、と書いている記事もあります。

些細な違いではありますが・・・。

⇩原作を読むなら断然こちらがおススメ⇩

 

ミステリと言う勿れの原作を無料で読むには

続編はあるのか?映画は?気になりますね。

ドラマが話題になったので、そのほかの原作ストーリーが気になる方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたには、ebookjananをご紹介しましょう。

月決めの料金も不要で、5000冊以上の漫画を無料で読めるんです。

正規版配信サービスなので、セキュリティー面も心配無用です。

いつもお得なキャンペーンをやっています。

無料漫画を読むだけでもOK!

\課金せずに楽しみたいというあなたにぴったりなんです/

⇩是非一度お試しください⇩

 

ミステリと言う勿れ続編 まとめ

「終わり方がミステリー」とはよく言ったものだと思います。

「ミステリと言う勿れ」がいっぱいの謎を残して終わってしまったので、「続編がなきゃ困るよ!「気になりすぎる!」などの言葉が続出。

そこで今回は、ミステリと言う勿れ続編はいつ?2期や映画化についても徹底調査!というテーマでお届けしました。

現在は具体的な続編や映画化の計画は決定はしていないようですが、制作側も意欲はあるようです。

是非期待して待ちたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました