滋賀で人気のご当地おすすめラーメンBest5!

ラーメン ラーメン
Pocket

滋賀県民が推薦する滋賀県の絶品おすすめラーメンBest5

ラーメン!いつ食べてもおいしいですね。

とろっとろの分厚いチャーシュー!ん~たまらん!!

ラーメンはいまや寿司に並ぶ日本のSoul Foodです。

豚骨・魚介ベースに味噌・醤油・塩で整えたスープに、こだわりの細麺・太麺・ちぢれ麺・ストレート麺を掛け合わせ、全国各地で各店で様々な独自の味を追求してしのぎを削っています。

競争が激しい、だから日本のラーメンは最高なのです。

今ではスーパーでご当地ラーメンの2食袋入りなんかを売っていて、手軽に味わうこともできますが、店で食べるのはまた格別のものがありますね。

コロナ禍の中、ラーメン屋さん頑張って!という願いを込めて。

滋賀県のラーメンBEST5を紹介していきます。

それでは行きましょう。

 

滋賀県のおすすめラーメンBest5

ラーメン

それではさっそく第一位からご紹介しましょう。

 

第一位 ラーメンにっこう(彦根市)

彦根市宇尾町にある2005年(平成17年)創業のお店で、滋賀県のラーメン屋さんの中では知名度・人気共にナンバー1のお店です。

ラーメンの基本は以下の三種類となります。

【鶏白湯】鶏のうまみを引き出した白濁のスープ ¥770

  • 塩:鶏のスープのうまさをそのまま味わう一品
  • 醤油:醤油の風味が立ってこれまた絶品
  • マー油:醤油スープ+自家製焦がしニンニク油をトッピング

【日香麺】丸鶏・豚・魚介・野菜などの素材を煮込んでうまみを引き出した清湯スープ ¥820

  • 清香-さやか(塩):スープのうまみを清らかな塩味で味わう
  • 春香-はるか(醤油):地元の醤油を使って仕上げた、きりっと晴れやかな味わい

【湖国ブラック】たまり醤油の黒い迫力のあるスープ ¥770

中太ちぢれ麺・背油・味玉・麩・バラチャーシューなどが特徴

私のお好みは「日香麺 春香」ですが、その他のメニューもありますので是非お立ち寄りください。

ラーメンにっこうはこちらです。

 

第二位 博多とんこつ 真咲雄-まさお(草津市)

草津市穴村町にある豚骨ラーメン屋さんです。

席数はカウンター、テーブル席合わせて13名分となります。

麺が特徴で、博多の製麺所から直送された超極細麺は加水率が低く作られていて小麦の風味の味わいが感じられる麺となっています。

とんこつ系には細麺が定番です。

スープは「発酵系呼び戻しスープ」といわれるもので、追い足し・火入れ・寝かしを繰り返すことで得られる天然のコクやうまみを持った垂涎のスープです。

基本メニューは下記の通りです。

  • とんこつ:とんこつでありながらさらっとしたスープで、とんこつのくどさはなく、自然の甘さを感じるようなバランスの良いスープとなっています。¥780
  • のうしお:コクのある魚介系がプラスされたスープで、しおといえどなかなかコクのあるスープです。¥800
  • みそとん:とんこつ+味噌のバランスで濃厚ながらやさしい味わいのスープです。¥880
  • もつとん:いわずと知れた博多といえば”もつ”ですね、〆は雑炊もご準備。¥1,200

お値段は税込みです。ご賞味を!!

真咲雄はこちら

 

第三位 麺屋 號tetu-こてつ(長浜市)

滋賀県長浜市のラーメン屋さん。

今年11月に開店10周年を機に、移転オープンされました。

御商売も順調のようですね。

味の基本は鶏ガラで見た目すっきり系のスープですが、もちろんこってり系もラインアップされています。

ラーメンの基本メニューは以下の通りです。

  • 濃厚鶏SOBA(塩)  ¥780
  • 濃厚鶏SOBA(醤油) ¥780
  • 魚介出汁の塩SOBA  ¥780
  • 鶏&魚介の中華SOBA ¥800

券売機で食券を購入するスタイルです。

現在コロナの影響で、メニューが限定されている場合もございますのでご了承のほど。

麺屋號tetuはこちら。

    • 住所:滋賀県長浜市元浜町6-31
    • 営業時間:11時00分~14時30分, 16時00分~19時00分(月曜日定休日)
    • TEL:0749-63-4340

 

第四位 ラーメンチキン野郎(彦根市)

彦根市大薮町にある、2012年創業のラーメン屋さん。

店内はカウンター6席 4人テーブル席X4ですが、現在は14席での営業となっています。

駐車場は店の前に5台分しかありませんのでご注意ください。

こちらは本店で、姉妹店として草津市に「フライングチキン野郎」が、彦根市内に「チキン8EIGHT」があります。

姉妹店の方がお店の規模は大きいようです。

メニューの基本は「こってり野郎」と「あっさり野郎」ですが、つけ麺の「つけて野郎」、汁なしの「台湾まぜ野郎」が別バージョンで選択できます。

それぞれの特徴は

  • こってり野郎:超濃厚鶏白湯スープ
  • あっさり野郎:肉出汁の極上スープ
  • つけて野郎:すだち醤油の超濃厚つけだれ
  • 台湾まぜ野郎:山椒と辣油の旨辛汁無し麺

是非一度お試しください。

ラーメンチキン野郎はこちら

    • 所在地:〒522-0053 滋賀県彦根市大藪町21−22
    • 営業時間:11時00分~14時30分, 17時30分~21時00分
    • TEL:0749-27-6171

 

第五位 与七(大津市)

大津市南草津と堅田にあるラーメン屋さんです。

駐車場は店の前に4台分と道路の反対側の月極駐車場に6台分が確保されています。

ここの店主さんは京都の濃厚とんこつの名店「無鉄砲」で修業されたとのことですので当然、濃厚とんこつのスープがベースとなります。

基本メニューは

  • とんこつ ¥800
  • あっさりとんこつ ¥800
  • 醤油 ¥800
  • つけ麺・魚介つけ麺 ¥850
  • みそ ¥830
  • まぜそば ¥800

となり、券売機で食券を購入するスタイルです。

麺は中太ですがちぢれ麺となっているためどろっと濃厚なとんこつスープの絡みがよく、チャーシューは程よい脂身がしっとり感となってとろける旨さです。

ピリッと辛いからし高菜の漬物の食べ放題もうれしい逸品です。

ラーメン与七はこちら。

    • 所在地: 〒525-0059 滋賀県草津市野路4丁目2−7
    • 営業時間: 11時30分~14時30分, 18時00分~0時00分
    • TEL:077-567-4711

まとめ

ラーメン

「滋賀県のおすすめラーメンBest5!」ということでご紹介してまいりましたが、ベースのスープは鶏と豚骨、それに魚介がアクセントを与えるという感じの作りが多かったですね。

そしてそのベーススープに対して、塩・しょうゆ・味噌で味を調えるといった感じでしょうか?

それに、なんといってもチャーシューがどうなのか?ということがラーメンを食べた時の印象に大きく影響を与える要素だと思いますが全店ともその点はぬかりはなさそうです。

私は結構、アサリベースのスープが好きだったりしますが皆さんはやっぱり豚骨ですか?

ほかには、煮干しをメインにしてラーメンを作っている店もありますね。

ラーメンは世界に誇れる日本の食文化です。

今後とも切磋琢磨でおいしいラーメンを目指していただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました