滋賀県の観光地を住民目線でおススメ!絶景5選も紹介!

滋賀旅行
Pocket

滋賀県の観光地を住民目線でススメを紹介していきます。

おすすめの絶景5選も紹介していきますので滋賀観光の参考にしていただけると嬉しく思います。

滋賀県は琵琶湖だけと思われる方がおられるかもしれませんが、そんなことはないんです。

滋賀県周辺は、戦国の舞台として名だたる武将が戦国時代を駆け抜けた戦国武将ゆかりの史跡が多く残されています。

それ故、滋賀県には形のあるもの、城跡だけになったものなど合わせて50の城や城跡が現存しています。

また、滋賀県の観光地は歴史的なものだけではなく、絶景も多く教育的にもおススメの価値のあるものが多くありますので、それらも交えてお伝えできればと思います。

 

滋賀県の観光地を住民目線でおススメ紹介

滋賀県は総面積4,017平方キロメートルでその中で琵琶湖の面積が670.4平方キロメートルあり、総面積中琵琶湖が六分の一を占めていることになります。

御存じのように琵琶湖は日本一の湖です。

人口は1,422,000人で我が国では第26位の規模となっており、総面積では第38位です。

それではさっそく観光地を紹介していきましょう。

 

琵琶湖テラス

滋賀

琵琶湖テラスは打身山(標高1,108m)山頂にあり、琵琶湖バレイスキー場の横にあって、ロープウェイで麓駅から約5分で登ることができます。

登山道もあるので、打身山→蓬莱山ルートで登山に挑戦してもいいかもしれません。

ロープウェイの料金は麓駅から下記となります。

  • 中学生以上¥2,700
  • 小学生¥1,000
  • 3歳以上¥600
  • ペット¥500

が必要ですが、大人料金が少し高く感じます。

山頂で食事をする場合は、メインの建物にレストラン「ダイニングレイクビュー」とテラスカフェがあり、外にカフェスタンドが一軒あります。

2020年は11月24日から12月26日まで定期点検のため休業していますので、どうぞご注意を。

最新情報はこちらからどうぞ! 琵琶湖テラス観光ガイドのサイトです

 

彦根城

滋賀

彦根市にあり、天守、附櫓及び多聞櫓が国宝に指定されています。

井伊直勝の築城によるもので、春には周辺や敷地内の桜が大変美しく、桜の名所としても有名です。

観覧料金は以下の通りです。

彦根城(玄宮園を含む)

  • 個人一般:¥800
  • 個人小中学生:¥200
  • 団体:1割引き

彦根城博物館

  • 個人一般:¥500
  • 個人小中学生:¥250
  • 団体30名以上:\450
  • 団体30名以上小中学生:\170

彦根城と博物館のセット券にすると¥100程割引があります。

その他団体人数により入場料が割引されます。

また、以下の方は観覧料金が免除となります。

  • 彦根市内在住でマイナンバーカードか住基カードを提示される方
  • 彦根市内在住で65歳以上の方で年齢証明を提示される方
  • 障がい者の方で証明書を提示される方
  • 彦根市内の小中学生で生徒手帳を提示される方
  • 彦根市内の高等学校、大学(院)、特別支援学校に通学する生徒、学生の方で学生証を提示される方
  • 教職員が引率する学校行事
  • ふるさと彦根たっぷり満喫!年間パスポートをお持ちの方

また、「ひこにゃん」というマスコットが人気です。

夏場はひこにゃんに入っている方が暑すぎて、時々着ぐるみを脱いで汗を拭く姿が目撃されているようです(笑)

最新情報はこちらからどうぞ! 彦根観光ガイドのサイトです

 

比叡山延暦寺

滋賀

標高848mの比叡山全体を境内とすることから、比叡山延暦寺と呼ばれています。

織田信長との対立によって、信長に焼き討ちされたお寺としても有名です。

延暦寺諸堂巡拝料は以下の通りです。

  • 東塔・西塔・横川共通券

大人¥1,000

中高生¥600

小学生¥300

  • 国宝殿(宝物館)拝観料

大人¥500

中高生¥300

小学生¥100

  • 国宝拝観料と巡拝料のセット価格

大人¥1,500

中高生¥900

小学生のセット料金はありません。

尚、上記は令和2年3月1日より改定される拝観料となっており、それまではこれよりも少し安く拝観が可能です。

最新情報はこちらからどうぞ! 延暦寺のサイトです

 

近江神宮

滋賀

近江神宮は毎年1月に「かるた名人位クイーン位決定戦」が行われることでも有名な神宮です。

広瀬すずの主演で2018年に公開された「ちはやふる」で競技かるたの大会のシーンが撮影されたのがこの神宮です。

地元では、安産祈願・お宮参り・七五三などの節目でお参りして家内安全を祈願する場所となっています。

日本で最初の時計を使ったといわれる天智天皇を祀ることから、境内には時計の博物館があります。

ちなみに時計博物館の入場料は大人¥300です。

最新情報はこちらからどうぞ! 近江神宮のサイトです

 

ラ・コリーナ近江八幡

「ラ・コリーナ近江八幡」は1872年創業の滋賀県の老舗菓子メーカーである「たねや」が「クラブ ハリエ」のブランドで売り出す洋菓子のショップとして営業する施設です。

こちらは建物に特徴があり、屋根がすべて植物で覆われており、まさに自然に溶け込んで、風景の一部に見えてしまいます。

この建物の設計は「情熱大陸」でも紹介されたという建築家 藤森照信氏の手によるものです。

洋菓子ショップのほかにもカフェ・農園などを有する複合施設となっています。

最新情報はこちらからどうぞ! ラ・コリーナのサイトです

 

信楽狸村

2019年後期のNHK朝ドラ「スカーレット」の舞台となった信楽は信楽焼の里であります。

焼き物の里というイメージのほかに、甲賀市信楽町は甲賀忍者の里としても有名ですが、今年の3月7日のNHKの「ブラタモリ」でも紹介されています。

今の焼き物は、研究も進みいろんな機能を備えたものが生み出されています。

我が家にも焼酎がおいしくなるという徳利を使っております。

一度現地に足を運ばれてはいかがでしょうか?

最新情報はこちらからどうぞ。 信楽町観光協会のサイトです

 

滋賀県の絶景5選も紹介

biwako-ibuki

 

滋賀県の絶景5選ということで、どうしても欠かせないのはやっぱり琵琶湖ということになりますが、写真は琵琶湖から伊吹山を望む景色です。

それでは紹介していきます。

 

海津大崎の桜


やっぱり桜がきれいですね。

琵琶湖の北、マキノ町海津の県道沿いに咲く桜並木です。

来年の春には皆で桜を眺めることができるでしょうか?

詳細はこちらをどうぞ。 高島観光ガイドのサイトです

 

彦根城の桜

滋賀

桜2連発ですが、やっぱり桜ですね。

このところ急に寒くなってきたので、桜の季節が待ち遠しいです。

彦根城もいいですが桜の季節に行かれることをおススメします。

城下町の散策もいろんな店があり、楽しめますので是非どうぞ。

詳細はこちらよりどうぞ。 彦根観光ガイドのサイトです

 

琵琶湖大花火

2020年は残念ながら中止となりましたが、来年の「2021びわ湖大花火大会」は令和3年10月29日に予定されているようです。

来年は開催されるといいですね。

こちらを参照ください。 びわ湖大花火大会実行委員会

 

琵琶湖テラス

滋賀

観光地にも入れましたが、やはりここからの景色は一度現地で見ていただきたいという思いで、絶景にも入れさせていただきました。

写真では伝えられないこともありますので、是非現地でご覧ください。

ちなみに、今年は12月26日まで定期点検のため休業していますのでご注意ください。

詳細はこちらを参照ください。 琵琶湖テラス観光ガイドのサイトです

 

ブルーメの丘

「ブルーメの丘」は花のきれいな公園として有名で、春はチューリップ、夏はひまわり、秋はコスモスがメインとなりますが、そのほかにも色とりどりの花が楽しめる公園です。

また、食事や各種アトラクションも充実しており、珍しい動物も見て触ることができます。

詳細はこちらをどうぞ。 ブルーメの丘のサイトです

遊びの情報はこちら↓。

ブルーメの丘へ無料優待券で行く方法は?おすすめの遊び方と料金情報などを紹介!

 

まとめ

滋賀県の観光地を住民目線でおススメのスポットを紹介させていただきました。

それに加えて県内の絶景5選も紹介しました。

観光地と絶景ということで見てまいりましたので、若干被るところはありましたが、その楽しみ方はそれぞれまた違ったものがありますので、滋賀観光を計画されている方は是非検討なさってはいかがでしょうか?

来年こそは、自由にどこにでも出かけられる普通の社会になることを祈ってやみません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました