阿武町他の世帯は未支給のままってほんと?4630万円返還されない可能性も?

給付金山口県阿武町 他の世帯は未支給独り占めってどういう神経 給付金
この記事は約7分で読めます。

山口県阿武町で発生した特別給付金の誤送金問題で、ちょっと気になったのでまとめてみました。

阿武町他の世帯は未支給のままってほんと?4,630万円返還されない可能性も?というテーマになります。

4,630万円を一世帯に振り込んでしまったことが大きく報道されていますが、阿武町の対象世帯は463世帯で全世帯文を1世帯に振り込んだことになります。

そこで不思議に思うのが、残りの462世帯にはまだ給付金が振り込まれていないのでしょうか?

その情報がどこにもないのでとても気になります。

山口県阿武町で発生した特別給付金の誤送金問題で、その他の世帯は未だに未支給なのか?

4,630万円が返還されない可能性もある?

についてお届けします。

 

阿武町他の世帯は未支給のままってほんと?

今回の件は、阿武町463世帯に給付金として10万円を振り込んだあと、さらに田口翔容疑者の口座に4,630万円を振り込む手続きをしてしまった。

したがって、他の住民の方たちには特別給付金は渡っています。

田口容疑者が給付金を独り占めしたのではなく、振り込まれた4,630万円は町の口座から出金されたものでした。

つまり、田口容疑者が持ち逃げしたお金は、阿武町町民が収めた税金ということになりますね。

いずれにしても、犯罪になりますので阿武町は田口翔容疑者に対して、民事で弁護士費用等を含め、5,100万円余りのしはらいをもとめて提訴しました。

【5月19日追記】

田口翔容疑者が逮捕されました。

逮捕されたことでマスコミ各社は田口翔容疑者の画像公開に踏み切りました。

逮捕容疑は「電子計算機使用詐欺罪」

スマホを使って誤送金と分かっているお金を移動させた容疑です。

関連記事「阿武町実名特定

 

4630万円返還されない可能性も?

阿武町長 花田 憲彦氏の「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金給付事業の公金誤振込みについて」と題する YouTube 動画が投稿されています。

この中でも、町長は当事者探しなどについては、厳に慎むよ要請していますが現地の阿武町内ではすでに噂になっていることでしょうね。

4630万円を振り込まれた世帯の住民は、当初は返還に応じる旨の回答があったようですが、実際には変換のための「組戻し」などの手続きはされず。

再三にわたる文書や電話、メールなどによる変換のお願いを試みる中で、今日の職員との直接の会話の中では・・・

「もうすでに入金されたお金は動かしている」

「もう元には戻せない」

「どうにもできません」

「逃げることはしません」

「罪は償います」

返還に応じる意思がない旨の発言があったとのことです。

どういう神経をしているのか疑ってしまいますよね。

4月28日時点ではその世帯主とは連絡が取れなくなっており、雲隠れした可能性があると言われています。

世帯主からは「罪は償います」との発言があったとのことですがどのような罪になるのでしょうか?

罪に問えるのかどうかも記事の後半(こちら)で検証します。

 

実際には4,640万円が振り込まれた?


阿武町長 花田 憲彦氏の説明では4,630万円が1世帯に振り込まれたとなっています。

しかし、中野貴夫副町長の説明では、正規の10万円プラス4,630万円で合計4,640万円が振り込まれたとの報道もあります。

どちらが本当なのでしょうか?

中野貴夫副町長の説明に対して、もう一つ腑に落ちないのがyahooニュースの文面にある次の文章です。

「X氏は、町が把握している限り、税金を滞納している人物ではないという。」

これはX氏が住民税を収めているということであり、中野貴夫副町長の前述の言葉「正規の10万円」とも合致しないのです。

というのは、もともとこの給付金は住民税非課税世帯への給付金であったはずで、納税義務のあるX氏には本来給付されるべきものではなかったのか?

という疑問が湧くのです。

 

詐欺・窃盗・横領?罪に問えないことも?

本人曰く「罪を償います」と述べているようですが、今後刑事事件に発展する可能性はあるのでしょうか?

阿武町は刑事告訴などを検討しているといいますが専門家からは、「罪に問うことは難しい」との指摘も出ているとのこと。

甲南大学の刑法を専門とする園田寿名誉教授による解釈は以下の通りです。

「学説が分かれている」と前置きした上で

「民事判例では、口座の名義人が預金を引き出すことは正当な行為として認めている」と指摘。

「誤入金と認識し、金を動かしていたとしても詐欺や窃盗、電子計算機使用詐欺などの罪に

問うことは難しいと考えられる」と明かし、「民事で不当利得返還請求を行うのが妥当だろう」と述べた。

引用:産経新聞

 

いろんな疑問と世間の反応は?

K・Tさん
K・Tさん

山口県阿武町の4630万の件ですが、銀行は全く無関係なのですか?

前にゆうちょだったか、大金の振り込みをしようとしたお年寄りに職員が介入し

、詐欺に合わずに済んだ話がありましたよね?

宝くじでも銀行からの説明があるし、最近では詐欺に合わないよう

注意勧告をしているかと。 役

所からの振り込み額としてはおかしくないんですかね?

T・Tさん
T・Tさん

「4630万円誤送金、回収困難に 低所得世帯向け給付事業 山口県阿武町」

との事ですが、これは一体何をやっているんだという話ですね。

どうしてこんな奇妙奇天烈な事態になったんでしょうか。

常識的にありえないと誰も思わないんでしょうか。

私から言わせたら非常に間抜けだと思います。

あまりにも間抜けなミスで唖然です。

W・Dさん
W・Dさん

これは、町の間違いであるが、「不当利得」にはあたらないのでしょうか?

不当な要件を満たしていれば、返還義務が生じると思えます。

逆に、完全に満たしていないとしても、臨時?収入になるので課税されるはず。

S・Hさん
S・Hさん

ミスがあったのは確かなのだが、例えば落ちている金を勝手に持っていったら、

いくら落とし主のミスとは言え占有離脱物横領罪になるし、

法的な欠陥があるのではないか。

K・Tさん
K・Tさん

間違いで釣銭多く受け取った時に、
それに気づきながら黙って受け取って立ち去ったら犯罪なんだけど。
法的には、まず仮差押さえと不当利得の返還請求を同時進行して、

応じなかったら刑事責任を問う、という形での返還請求が

可能なはずなんだけどね。

T・Tさん
T・Tさん

まあもし自分の口座にこんな金額が振り込まれていたら、

まずは役所に連絡するけどねぇ。
そこでどのような手続きで返還するか相談すると思う。
あと、企業への入金であればこのくらいの金額はあり得るけど、

銀行側も何の疑問もなく個人への振込み手続きしてしまったのも

ちょっと考えてしまいます。

今回のこの件については長文コメントが多いのが特徴です。

論調には次のようなものが目立ちます。

  • ミスをした職員を責めるべきではない。
  • 銀行が振り込みの際になぜ気づかなかった?
  • 返還に応じないのはおかしい。
  • 釣銭の件を例に出して、犯罪になぜならないのか?法律がおかしい。

 

給付金山口県阿武町給付金 まとめ

給付金山口県阿武町他の世帯は未支給?独り占めってどういう神経?についてお届けしました。

住民税非課税世帯への給付金だっただけに、未だに給付金を受け取れていない世帯のことが気になりますよね。

誤って振り込まれた給付金の返還を拒む人の神経も理解できません。

それにしても、山口県阿武町の全世帯数1,528世帯の内、住民税非課税世帯が463世帯(30.3%)もあることに驚きます。

何が原因なのか、そちらの調査も必要なのではと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました