フェードカットとツーブロックの違いとは?流行りのスタイル注文方法も紹介!

fade-twoblock 髪型
この記事は約7分で読めます。

あなたのヘアスタイルは今どんな感じですか?

あなたは一年中同じヘアスタイルですか?

季節によってヘアスタイルを変えてみるのもいいんじゃないでしょうか!

そこで今回は、フェードカットとツーブロックの違いとは?流行りのスタイル注文方法も紹介!ということでお届けします。

フェードカットとツーブロックのヘアスタイルの違いと今流行りのヘアスタイルの注文方法も解説しちゃいます。

 

フェードカットとツーブロックの違いとは?

フェードカットとツーブロックって何が違うの?

同じじゃないのと思われる方は多いと思います。

フェードカットとツーブロックってどちらも刈り上げのことなんですね。

刈り上げの仕上がりが違うだけなんです。

フェードカットは音楽ではフェードアウトと言われるように徐々に消えてなくなる感じです。

別の言い方をすれば、フェードカットはスキン状態から始まるベリーショートの刈り上げです。

一方ツーブロックとは、刈り上げた部分と長さを残す部分の2種類の違う長さで段差を作るカットの方法です。

別の言い方をすると、短い刈り上げの部分と残すトップの部分の差が明確に出るのがツーブロックです。

言葉で言われてもわかりづらいかもしれませんので、画像で解説していきます。

 

フェードカットを画像で解説

fadecut1

フェードカットは0mmから0.5mm、1mm、2mm、3mmというように徐々に長くして行ってグラデーションを作るカットの方法です。

裾の部分はほぼ0mmのスキンの状態で、上から下に向かってまさにフェードしていく感じになります。

近年はメリハリの効いた2ブロックよりも、フェードカットの方が比較的挑戦しやすいスタイルになってきました。

フェードカットは刈り上げる高さによって、大まかにハイフェード・ミドルフェード・ローフェードの3種類に分けられます。

さらにギリギリまで短く刈り上げたものをスキンフェードといいます。

 

ツーブロックを画像で解説

twoblock

ツーブロックとは二つのブロックに分けるという意味ですね。

なので襟足の部分から上に向かってがっつり刈り上げて、耳の上から3~4cmのところから髪の長さを残すヘアスタイルとなります。

フェードカットに比べ、メリハリの効いたヘアスタイルのためどちらかと言うと若年層が好んで注文するヘアスタイルではないでしょうか。

無理やり挑戦すると痛いことにならないとも限りませんのでご用心を!

 

流行りのスタイル注文方法も紹介!

理髪店や美容院へ行って注文をするのに、刈り上げをするかしないかを選択することがよくありますよね。

刈り上げをせずに短くしてください、という風な注文をする人がいますが、注文をする側からのイメージで言うとバリカンを使わないで短くしてほしいということではないでしょうか。

なので、「刈り上げをせずに短くして」というよりも「バリカンを使わずにハサミでカットして欲しい」と伝えた方が確実に伝わります。

 

フェードカットの頼み方

kobofade

普段髪を切るのに床屋さんに行かれる方と美容室に行かれる方がいると思います。

床屋さんは理容師であって得意な分野はカットとか髭剃りになります。

そして、美容室は美容師さんであって得意な分野はパーマやスタイリングで、カットに関しては長い髪をおしゃれにカットするのが得意な人が多いです。

髭剃りなどの顔のお手入れもして欲しい方はもちろん、フェードカットにしたい方は床屋さんに行くことをお勧めします。

床屋さんに行ってフェードカットをリクエストする時に、長さを指定するのが最も確実に伝わる注文方法です。

例えば、裾から耳の上何 CM にかけて0mmから9mmのグラデーションをいれてほしい、という言い方をすれば伝わりやすいです。

また、トップの髪型をどのようにするかを事前に明確に決めておくとスムースにオーダーができます。

今回は、初めてフェードカットを注文する場合を想定していますので、オーダーする一番良い方法は写真や画像を準備していくことです。

持参した写真や画像を元に説明するのが最もよく伝わります。

理容師さんからの助言もいただきやすいのでおススメですね。

 

ツーブロックの頼み方

おしゃれな若者に人気な鉄板のヘアスタイルと言えばツーブロックですね。

ツーブロックは床屋さんでも美容院でもどちらでも気軽に頼めるヘアスタイルです。

ツーブロックは髪質や自分に合わないオーダーをしてしまって失敗することが多くあります。

オーダーの仕方を具体的に見ていきましょう。

  • 剛毛でストレートな髪質の場合:耳の上2センチ程度の刈り上げに押さえると、上からの髪の重みで自然な感じに収まります。
  • 剛毛でくせ毛の場合:側面は短めに刈り上げ、トップにボリュームを持っていくとワイルドな仕上がりになります。
  • 軟毛でストレートな髪質の場合:刈り上げの長さや高さはお好みで、トップに髪を多めに残すと失敗しにくいでしょう。
  • 軟毛でくせ毛の場合:トップの髪を多めに残し、刈り上げの部分にソフトに被せる様にすると良いでしょう。

「短い部分から長い部分に自然に繋がるようにツーブロックにしてください」という注文は、それはもはやフェードカットになってしまいますのでご注意を!

ちなみにツーブロックって、楽な髪型なんだそうですね。

 

かっこいいセットの仕方

fadecut2

フェードカットやツーブロックのヘアスタイルにした場合、髪が寝ているよりも少し立った感じの方がかっこいいですよね。

髪質が柔らかい人はパーマをあてて立てるという方法もありますが、簡単にワックスを使ってスタイリングするのもおすすめです。

セットのコツは、全体をしっかりとドライヤーで乾かしていきます。

トップの部分だけ感覚で2割ほど水分を残しておいて、ワックスを全体に馴染ませてお好みのスタイリングにしていきます。

自然な感じを目指す場合は最後にスプレーでキープしましょう。

ワックスはサロン品質でスタイリング髪質に合わせて使い分けができるヘアワックス「デューサーヘアワックス」がおすすめです。

フェードカット関連記事はこちら

 

フェードカットとツーブロックの違い まとめ

フェードカットとツーブロックの違いとその注文の方法をまとめてみました。

注文で一番確実で楽なのは、馴染みの床屋さんや理容室を作っておくことですね。

実際にはこれに限ります。

でも最初は誰でも初めて注文するので、注文の仕方はあらかじめ確認しておいた方が良いと思います。

もうひとつの確実な方法としては、写真や画像があるとイメージしやすいので注文される側もわかりやすいですね。

写真を見ながらアレンジも出来ますので実はこれが一番おすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました