ルセラフィムのガラムが5号処分問題で脱退?サクラいじめは整形モンスター?

ルセラフィムガラムの活動休止 K-POP
この記事は約6分で読めます。

韓国のガールズグループ「ル・セラフィム」のキム・ガラムが活動中止になりました。

ル・セラフィム加入直後からキム・ガラムに関してはいじめ疑惑が浮上しており、今回の活動中止と噂となっている件の関係がSNS上で話題になっています。

そこで今回は「ルセラフィムガラムの活動休止いじめが原因?整形モンスターや5号何のこと?」というテーマを取り上げます。

キム・ガラムのいじめ問題とは、ガラムが中学1年生だった2018年当時の校内でのいじめ疑惑のことです。

ガラムは学校暴力予防及び対策に関する法律第17条第1項第5号(処分5号)というかなり重い処分を受けているとのこと。

処分は受けたが実際にはガラムが被害者、といった主張もありデリケートな問題なので、慎重に調査してみたいと思います。

 

ルセラフィムのガラムが5号処分問題で脱退?

lsrfm-members

キム・ガラムにはルセラフィム加入当時から、被害者側の告発により「高内暴力」疑惑が浮上していました。

その内容は概ね以下の通りです。

2018年の中学1年生当時の4月末ごろガラムとその友達からの「いじめ」が始まった。

その後も集団的な加害に耐え切れず、1~2週間ほどで他校への転校を余儀なくされた。

このように被害を受けたとされる側の生徒は主張しています。

その結果、ガラムは校内暴力の予防及び対策に関する法律第17条第1項第5号にって処分を受けることとなります。

韓国の学校は3月から新学期が始まります。

4月末ごろにそのいじめが始まったということなので、中学入学から2か月の間に何かいじめにつながる出来事があったと考えられますね。

所属事務所の「HYBE」は5号処分を受けたことは認めながら、本当の被害者はガラムであったと主張しているようです。

何か事実なのか、判断できない状況ではありますが、どちらにせよ今回のガラムの活動休止は「いじめ」問題が関与していることに間違いはなさそうです。

 

いじめに対する5号処分とは?

キム・ガラムさんは中学1年生の時、いじめの加害者となったことで、韓国の学校暴力対策自治委員会(学暴委)の「処分5号」の処罰を受けています。

学校暴力対策自治委員会の処分の段階は9号まであり、中学校の場合は8号が最高です。

その処罰の内容はこちらです。

  • 1号:被害学生に対する書面謝罪
  • 2号:被害学生、告発学生に対する報復行為禁止など
  • 3号:校内奉仕
  • 4号:社会奉仕
  • 5号:校内外の特別教育履修また心理治療
  • 6号:出席停止
  • 7号:学級交代
  • 8号:転校処分
  • 9号:退学処分

第5号について、韓国の文科省に当たる韓国教育部は次のように規定しています。

加害生徒が奉仕活動等を通じて自らの行動を反省する

ことが難しく見える場合、専門家の助けを受けて

暴力に対する認識を改善し自らの行動を反省させる措置

5号に認定されると該当児童の家族も教育を受ける義務を負わされ、それを拒否すると300万ウォン(30万円程度)の罰金が科せられます。

ちなみに強制わいせつが6号、身体を伴わない言葉によるセクハラが4号の処分を受けたことがあるそうです。

その中で5号とはちょっとした衝撃だったと思います。

 

なぜ今頃になって活動休止?

なぜ今頃になってキム・ガラムは活動休止になったのか?

加入時点から「いじめ」は問題になっていたはずなのに、どんな事情があったのでしょうか?

前述したように、所属事務所の「HYBE」はキム・ガラム擁護の姿勢をとっていました。

ところが、ルセラフィムコミュニティーには

  • ルセラフィムを5人組にしてほしい。
  • HYBEの対応への責。
  • ガラム以外のメンバーが被害を受けている。

という投稿が毎日数十件あったとのことで、これ以上ガラムをかばうことでルセラフィム自体がダメージを受けることだけは避けたかった。

というのが、今になってガラムの休止を決断した理由であると考えられますね。

 

脱退の可能性は?

キム・ガラムは脱退する可能性は高いと考えられます。

その理由として言われているのが、韓国の女性アイドルグループ(G)I-DLE(以下ジー・アイドゥル)のスジンの例なのです。

ジー・アイドゥルは2018年に6人体制でスタートしたグループですが、メンバーのスジンが今回と同じようにいじめ問題で脱退しています。

ガラムとスジンの共通点として以下のことがあげられます。

  • グループは6人でスタート。
  • グループでは中心的存在。
  • デビュー日がどちらも5月2日で同じ。
  • グループは多国籍メンバー(ルセラフィム:日本、韓国)(ジー・アイドゥル:韓国、タイ、中国、台湾)
  • 学内いじめ問題で活動を中断した。

以上の点からキム・ガラムの脱退は避けることは困難でその確率は極めて高いといわざるを得ません。

 

サクラいじめは整形モンスター?

宮脇咲良さんはHYBEに入所する際に鼻を整形したと言われていますね!

以前、みんなでメンバーを褒めようという企画で、サクラさんの鼻を褒めながらガラムさんが爆笑する場面があり、周囲のメンバーの真顔と相まって批判されることになりました。

サクラさんのことを陰では「整形モンスター」と言っていたとか?

キム・ガラムさんは悪気はなくてもついそういうことを口にしてしまうところがあるんでしょうね。

宮脇咲良さんの鼻については、多くの記事で検証されていますが確実に整形した事実を見つけることはできませんでした。

ですが、割と断定的に書いているものはありましたね(笑)

整形大国・韓国の人が整形モンスターというくらいなので、ちょっといじっちゃってるのかも?

ですね!

 

5人体制をファンは評価!

キム・ガラムさんは5月20日から活動を休止しており、現在は5人体制で活動しています。

22日放送のSBSの音楽番組「人気歌謡」でFEARLESSを披露した際にはキム・ガラムさんのパートを他のメンバーが埋める形で、問題のないパフォーマンスを披露しました。

ファンからは、6人体制の配置に違和感を感じていた人もいて、5人体制を歓迎する声が多く出ているとのことです。

確かにセンターで左右対称に振り分けると、バックの一人はセンターの人に隠れてしまう状態がありましたよね。

 

ルセラフィムガラムの活動休止 まとめ

ルセラフィムのキム・ガラムさんが活動休止となったという情報がありました。

そこで今回は「ルセラフィムガラムの活動休止いじめが原因?整形モンスターや5号何のこと?」というテーマを取り上げてみました。

こういった問題を噂話のレベルで云々するのはいかがなものかとは思いつつ、まとめてみました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました