マリンパッパのyoutube収入いくら?年収がどのくらいかも徹底調査!

マリンパッパ youtube収益は年収がどのくらいかも徹底調査 ユーチューバー
この記事は約7分で読めます。

最近、マリンパッパという YouTuber が話題になりましたね。

それというのも、Uber eats の配達員が家に上がり込んで女性を脅すと言うドッキリ動画が批判を浴びたことがきっかけでした。

マリンパッパはまなみさんとふぅさんという二人の女性のコンビです。

問題の動画はマリンパッパのまなみが相方のふぅにドッキリを仕掛けるという内容でした。

仕掛けそのものはおそらくヤラセだったのでしょうが、その内容が過激すぎてウーバーイーツに対する風評被害も懸念されて炎上しました。

そんなマリンパッパですが、YouTuber としての収益はどれぐらいなのか?

年収がどれぐらいあるのかも気になりますね!

今回は「マリンパッパのyoutube収入いくら?年収がどのくらいかも徹底調査!」と題してお届けします。

 

マリンパッパのyoutube収入いくら?

マリンパッパは2021年7月から現在のチャンネルを開始して、今のところ32万円から53万円程度の月収があると見られています。

情報化社会の現代において数ある情報源の中でも「動画」はなくてはならない存在となりました。

5Gの普及に伴ってより多くの情報を届けられる動画コンテンツはますます増加する傾向にあります。

世界中の企業が動画をマーケティングに活用する中で、ユーチューバーの存在はますます大きくなっています。

そんな YouTuber の中にあって「マリンパッパ」は実際にどれくらいの収益を上げているのか調査してみましょう。

 

マリンパッパの現状は?

マリンパッパのまなみさんはもともと「ジャックポット」に所属して YouTuber として活動していました。

ジャックポットは男性3人女性1人のグループで、526,000人のチャンネル登録者数がありましたが、メンバー間の方向性の違いにより2021年7月に解散しました。

マリンパッパはその直後に結成され活動を開始しています。

【マリンパッパの現状】

  • メンバー:まなみ(本名 岡野愛美 25歳)
  • メンバー:ふぅ(本名 おおうちふうか 25歳)
  • チャンネル登録者数:10.2万人
  • 動画の特徴:まなみがふぅに対してドッキリを仕掛けることが多いが、双方とも両親を巻き込んだ動画が特徴的。
  • 懐事情:YouTuber としての収入はそこそこあるようだが、経費もかさみそれほど余裕のある生活ではなさそう。

 

マリンパッパの年収がどのくらいかも徹底調査!

マリンパッパは2021年7月に活動を開始しましたが、翌月には人気 YouTuber 「ラファエル」とのコラボ企画も実現しています。

そのためチャンネル登録者数が順調に伸び続け、比較的安定したサラリーマン程度の収入は得られているようです。

 

マリンパッパYouTube チャンネル開設以来の収入をチェック

マリンパパちゃんねる開設以来の月収は以下のようになっています。

対象月 月収
2021年8月 395,000円
2021年9月 522,000円
2021年10月 379,000円
2021年11月 341,000円
2021年12月 535,000円
2022年1月 505,000円
2022年2月 319,000円
2022年3月 467,000円
月平均 433,000円(一人当たり216,500円)

※データ引用:youranks.com

マリンパッパとしての平均月収は433,000円となり、2等分したとすると一人当たり216,500円となります。

一般的な大卒の初任給程度であることがわかります。

一人当たりの年収に換算すると、2,598,000円で決して余裕のある生活ではないでしょう。

マリンパッパは会社に勤めて副業でユーチューバーをやっているわけではなく、専業 YouTuber ですからこれぐらいの収入があったとしても将来は心配ですよね。

国民年金に関して言えば、YouTuber であっても保険料さえ払っていれば将来年金は受け取れますが、ユーチューバーで国民年金の保険料払っている人いるんでしょうか?

 

ユーチューバーの現状は?

youtuber

気楽にやっているように見えるユーチューバーですが、傍から見るより楽な商売ではないようです。

YouTuber として収益化するためのパートナープログラムへの参加が認められるには、次の項目をクリアすることが必要です。

  • 総再生回数が1万回以上であること。
  • 過去12ヶ月間の総再生時間が4000時間以上であること。
  • チャンネル登録者数が1000人以上であること。

さらには、ポリシーに準拠していることへの評価が年々厳格化されるようになってきており、ポリシー違反と判定されると資格を剥奪される恐れがあります。

 

ユーチューバーの収入ってどれぐらいあるの?

ある調査によると、ユーチューバーとして広告収入で生計を立てることを目指す人の内、96.5%が平均的なアメリカの貧困ラインを下回る収入しか得られていないことが分かっています。

動画の再生回数が1ヶ月で140万回を超えるような上位3%に入るような人気 YouTuber であっても、平均年収は16,800ドル(1ドル120円計算で2,016,000円)程度なのだそうです。

YouTube の動画再生で得られる広告収入のアルゴリズム(計算方法)は一定ではなく常に変化しており、詳細は公表されていません。

一般的には再生回数1000回につき、42円~600円(1ドル120円計算)のばらつきがあると言われています。

とかく上の方を見てしまいがちですが、ユーチューバーはそんなに甘い世界ではありません。

 

ユーチューバーは将来なりたい職業の上位に!

日本の小学生の「将来なりたい職業」のランキングトップ10では2017年と18年では、6位にランクしており子供の憧れの職業として人気が高まっています。

※2019年以降は再びランク外

イギリスや韓国でも小学生のなりたい職業で上位にユーチューバーが入っています。

YouTuber を否定するものではありませんが、いきなり専業でというのはいかがなものかと思ってしまいますね。

 

YouTube から表彰を受けた日本の5つのチャンネル

YouTube では、一定の登録者数と不正や違反警告のない耐震基準を満たしたチャンネルに対して表彰を行っています。

日本で表彰「ダイヤモンドクリエイターアワード」を受賞したのは以下の5チャンネルです。

  1. キッズライン
  2. せんももあいしーCh
  3. HIKAKIN TV
  4. はじめしゃちょー
  5. じゅんや

※2022年2月現在の実績

 

マリンパッパのyoutube収入 まとめ

今回は「マリンパッパのyoutube収入いくら?年収がどのくらいかも徹底調査!」をテーマにお届けしました。

マリンパパはやり過ぎたドッキリ動画のため、批判を受けてしまいましたが逆に知名度が急上昇。

これでYouTube からポリシー違反による違反警告等を受けさえしなければ、知名度上昇でチャンネル登録者数アップとなるのかもしれません。

しかし、Twitter に見られる批判の内容は厳しいものが多く視聴者から敬遠されて、チャンネル登録を解除されてしまう方向に行ってしまうと苦しくなります。

どちらに転ぶのでしょうか?この後も注視していくことにします!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました