sheinの支払い方法はpaidyがよい?後払いで安全な方法は?

sheinの支払いは 後払いが良い shein
この記事は約8分で読めます。
Pocket

この記事を読むとsheinでの支払い方法の中で、後払いができるpaidyを始めすべての支払い方法が分かります。

ファッション、雑貨、キッチンツール、ベビー用品など数多くのプチプラ商品を取り揃える通販サイト「shein」ですが、一番安心な支払方法は何なのか?

sheinは海外の通販サイトだけに、どの支払方法が分かりやすくて安全で簡単?

と気になっている方は多いようです。

商品を購入してから支払いまでの流れや手順、前もって知っているだけでも安心して利用できるはずです。

そこで今回は、「sheinの支払い方法はpaidyがよい?後払いで安全な方法は?」というテーマでお届けしてまいります。

この記事を読むとこちらのことが分かります。

・Paidyの使い方
・SHEINで使える支払方法
・バンドルカードの使い方
・コンビニでの支払い方法

sheinで商品を購入したいけど、支払い方法をどうしようかと悩んでいる方は是非参考にしてください。

コンビニ払いはローソン、ミニストップ、ファミリーマート、セイコーマートについて詳しく解説しています。

 

sheinの支払い方法はpaidyがよい?

まずはじめに、sheinの支払い方法は下記の8種類です。

  1. 後払い(paidy、バンドルカード)
  2. コンビニ払い
  3. クレジットカード
  4. デビットカード・プリペイドカード
  5. Apple Pay(iOS限定)
  6. Google Pay
  7. PayPal払い
  8. SHEINポイント払い

今すぐほしい商品があるけど支払いが厳しいなんて状況でも、これだけの方法から選べたら自身に合わせた選択ができますよね。

sheinを利用している世代は10代~30代が多く、分かりやすくて手軽で簡単な方法が選ばれています。

中でもあまりクレジットカードを持ち歩いていない10代の若者はコンビニ払いを選ぶ方が多くいます。

また、すぐに支払いができなくても期限までに支払いを済ませればOKな後払いも便利な支払方法です。

スマホひとつで完結するキャリア決済が使えないのが個人的に残念ですが・・・。

とはいえこれだけの支払い方法があると正直どれが良いのか悩みますよね。

そこでどの世代でも簡単に利用できそうな後払いについて詳しく見ていきます。

 

sheinの後払いPaidyとは?

「ペイディ」は日本のベンチャー企業が開発した後払い決済システムですが、アメリカの大手決済サービスの「PayPal」が3,000億円で買収すると発表しました。
「PayPal」が「ペイディ」の企業価値を3,000億円あると認めたことになります。

ペイディはメールアドレスと電話番号だけで利用でき、事前登録やクレジットカードの必要がありません。

sheinでは2022年12月末より、コンビニ・銀行での後払いサービスPaidyが利用できるようになりました。

月に何回ショッピングをしても、翌月10日にまとめて1回の支払いになります。

Paidyには予算設定機能などもついているので使いすぎを防げるのも安心です。

支払いの際に手数料がかかるものもありますので事前に確認しておくとよいですね。

  • ・コンビニ決済手数料356円(税込み)
    ・口座振替0円
※銀行振込手数料は金融機関ごとに別途必要です。

Paidyでは、3回か6回の分割払いであれば手数料無料です。

大手ネット通販の会社が続々と、paidyを採用しています。

 

バンドルカードも使えます!

もうひとつはチャージして使うプリペイド式のバンドルカードというもの。

こちらは年齢、職業関係なく申し込みが可能です。様々な個人情報から審査を受けることもありません。

クレジットカードを持つことができない年齢でも親の同意があれば利用できますよ。

バンドルカードの種類にはバーチャルカードバンドルカードリアルバンドルカードリアル+があり、申し込みはすべてアプリ上で完結します。

クレジットカードは、VISA、JCBなど主要な会社がほとんど使用できるため、選びやすい方法ですが、カードの不正利用や情報漏洩のニュースを受け、できるだけ使わないという声も聞かれます。

sheinの安全性は確立しているので問題ないと思いますが、もし気になるようでしたらクレジットカードではなく、こちらのバンドルカードを利用してみてはいかがでしょうか?

 

sheinの支払い方法で後払いで安全な方法は?

sheinの支払いに対応しているコンビニはこちら

ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・セイコーマート

sheinの支払いに対応していないコンビニはこちら

セブンイレブン・スリーエフ・デイリーヤマザキ・NewDays・ナチュラルローソン
対応しているコンビニでも、30万円を超えるお支払いはできません。
そして支払いの際にもらった領収書は必ず保管しておくようにしましょう。
また、あらかじめ自分が利用しやすいコンビニを確認しておくことをおすすめします。
コンビニ払いを選択すると、自動的にコードが表示されます。
そのコードは各端末やレジでの支払い時に必ず必要になりますのでスクリーンショットやメモで残しておきましょう。

コンビニの端末によって操作も違ってきますので、それぞれの方法を紹介していきます。

 

ローソン・ミニストップ支払方法

まず、ローソンとミニストップでは店内にあるLoppiいう端末を使います。

  1. 端末のバーコードリーダーに支払い内容画面に表示されたLoppi専用コードを入力
  2. 注文内容の確認
  3. 端末から出てきた申込券を受け取る
  4. レジにて支払いをする
Loppi専用コードではなく、お支払い受付番号電話番号等を利用する場合は端末のTOP画面で各種番号をお持ちの方を選択し、画面に沿って入力すると申込券を発行できます。

ファミリーマート支払方法

ファミリーマートでは、Famiポート端末から操作していましたが2022年6月頃から順次、新型マルチコピー機に移行しています。

店内のマルチコピー機から申込券を受け取りましょう。

  1. 端末のトップメニューから「代金支払い/チャージ」を選択
  2. 「番号を入力する」を選択
  3. 第一に6桁の支払い受付番号を入力
  4. 第二に電話番号を入力
  5. 端末から出てきた申込券を受け取る
  6. レジにて支払いをする

 

セイコーマート支払方法

セイコーマートでは、端末を使わずレジで直接支払いをします。

  1. レジにて店員さんにインターネット支払いをしたいと伝える
  2. レジの画面に6桁の「お支払受付番号」を入力
  3. レジの画面に設定した電話番号を入力
  4. 注文内容に誤りがなければそのまま支払いをする

 

sheinの支払い方法はpaidyがよい まとめ

流行りのものから、個性的なものまで様々な商品があり見ているだけでも楽しく、手に取りやすい値段です。

今回は、SHEINの支払い方法の後払いについてまとめてみました。

海外の会社だけに、クレカを使いたくない!

という方はやはりおられると思います。

そんな時、必要な分だけ入金するタイプのpaidyの後払いやバンドルカードだと安心ですね!

こちらもおすすめ、コンビニでの支払い方法も解説しました。

これらをうまく利用してsheinのショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました